稚魚用水槽を統合する準備 ~ 冬でも室内水槽は冬モードじゃない

メイン水槽からお水を拝借

2月中旬に、冬なのに水槽のメンテをすることになりました。

2月中旬。冬なのに水槽のメンテをすることに。 というのも、自宅の水槽がマツモに覆われて大変なことになっていました。 マツ...

メインの水槽はトリミングするのと一緒に、稚魚用の水槽もメンテしようと思ったのですが、どうせなら統合してしまうことにしました。

稚魚用水槽は統合

2017年に成魚になったメダカは、1匹のみ。貴重なお仲間です。

隔離して育てていましたが、大きくならなかったので、そのまま冬を越すことにしました。

しかし、冬でも予想外に水草が育ち、メンテナンスを強いられることに。

水草が伸びて、水が干上がって、もう限界

水草が伸びて、水が干上がって、酷い状態です。

2月中旬 自宅の室内水槽(稚魚用)

  • マツモが伸び切って
  • 水が足りなくて

水を足せば良いんですけどね…。ブログに観察日記つけるために、写真撮ることを考えると、ついつい億劫で先延ばししてました。

2月中旬 自宅の室内水槽(稚魚用) 上から

メダカさんは元気です。餌やりの時に確認済み。

トリミングしようと思ったけど統合することに

水草を取り除きます。

2月中旬 自宅の室内水槽(稚魚用) 水草を取り出す

1匹のメダカさんと、20~30ぐらいのミナミヌマエビさんは元気そうです。一安心。

2月中旬 自宅の室内水槽(稚魚用) メダカが1.5cmぐらいになっている

最初はトリミングして、水を足そうかと思っていましたが、良い機会なので、メインの水槽と統合することにしました。

  • メダカも1.5cmぐらいになっている
  • 水温も20℃近いので、冬モードではない

ということから、問題ないと判断しました。

水合わせ

稚魚用の水槽の水を減らして、メインの水槽から水を入れます。

メイン水槽からお水を拝借

この状態で、2~3日置いてから、水槽を統合します。稚魚用の水槽を水合わせ中

レクタングル(大)
レクタングル(大)

大分メダカ日和

ブログランキング参加中☆応援クリックお願いします♪

ブログランキング参加中☆応援クリックお願いします♪

にほんブログ村 観賞魚ブログ ビオトープへ

サイトの更新情報をお届けします♪

レクタングル(大)